米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
筑後・浮羽のお米
〒839-1408
福岡県うきは市浮羽町
山北44-3
Tel/Fax 0943-77-3226

お電話・FAXによるご注文も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ時間
AM7:30-PM13:00/
PM18:00-21:00
野良仕事にでているため、電話にでられない場合があります。
その際は、留守番電話にメッセージをどうぞ!
(FAXは随時お受けしております)

◎ホームページへ
◎お問合せ
◎地図

◎つながり
PIGLOG
前崎日記
ベジキッチン
テカラ
ぶどうのたね
道の駅うきは
晴る
山下カバン
花工房 野々



カテゴリ
全体
はじめに
ご注文方法
お知らせ
野上米について



大豆
イベント
野良仕事
小さきもの
働きもの
美しいもの
日々の暮らし
もんじろう
以前の記事
2013年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
味噌作り その一、大豆を炊くの巻

我が家で使うお味噌は昔から自分の家で作っています。
先日、冬に作っておいたお味噌がなくなってしまったので、
トシ子ばあばと一緒に味噌作りをしました。

前日に必要な分の大豆を一洗いして水に浸し、戻しておきます。
(もちろん大豆は野上耕作舎産ですよ!)
それを柔らかく煮えるまでじっくりと炊きます。
我が家は家族が多く、一回で仕込む量も多いので、
炊くときは屋外に舎長特製の竈を準備して薪で炊くのが野上流です。

はじめのうちは、大豆からブクブクとたくさんの灰汁が出てきます。
それをすくい取らずに、差し水をしながらじわじわと炊いていきます。
炊き続けること数時間…
そうするうちに灰汁も出なくなってきます。

c0197285_0423810.jpg




さらに数時間…
ようやく大豆がおいしそうに煮えてくれました!
これは何の味付けもしてはいないのですが、食べるととってもおいしいんです!!
薪でじっくり炊いてあるからなのか、大豆本来の甘味が感じられて、
とても優しいおいしさです。

c0197285_0431468.jpg




大豆も煮えたところで、次は潰していきます。
続きはまた後ほど…


[PR]
by kousakusya | 2009-09-05 23:45 | 日々の暮らし
<< 味噌作り その二、大豆を挽くの巻 祝★掲載 >>