米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
筑後・浮羽のお米
〒839-1408
福岡県うきは市浮羽町
山北44-3
Tel/Fax 0943-77-3226

お電話・FAXによるご注文も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ時間
AM7:30-PM13:00/
PM18:00-21:00
野良仕事にでているため、電話にでられない場合があります。
その際は、留守番電話にメッセージをどうぞ!
(FAXは随時お受けしております)

◎ホームページへ
◎お問合せ
◎地図

◎つながり
PIGLOG
前崎日記
ベジキッチン
テカラ
ぶどうのたね
道の駅うきは
晴る
山下カバン
花工房 野々



カテゴリ
全体
はじめに
ご注文方法
お知らせ
野上米について



大豆
イベント
野良仕事
小さきもの
働きもの
美しいもの
日々の暮らし
もんじろう
以前の記事
2013年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
二番花


柿の蕾が大きくなるのには 時間差があります。

まず、それぞれの枝元付近についている蕾が 先に大きくなり、
それらが花を咲かせる頃に ようやく先端の蕾が膨らみ始めます。
これを二番花と呼びます。

c0197285_153229.jpg


写真のように こんなにも大きさが違ってくるんです。
しかも、先端の枝は まだ成長している途中なので、とてもやわらかく、
ほんの少しの力でポキッと折れてしまいます。

そのため、枝も二番花の蕾もしっかりしてきた頃に、
もう一度 二番花を落とす作業をしていかなければなりません。

耕作舎には合計8ヵ所の柿園があり、一つずつ順番にまわって摘蕾作業をしていきます。
途中の園からは 枝もしっかりしてくるので、
二番花も一緒に摘み取ることができるようになります。

全ての園をまわった後に、二番花を落としていない園に戻ってくるのですが、
早くしないと 今度は蕾が固くなりすぎて、
一つずつハサミで落とさなければならなくなるんです!

というのも、蕾は手で茎を折るように力を掛けると、
ポロリと取れてしまうので、リズミカルに仕事をこなせるのですが、
ハサミではそういう訳にはいきません(汗)

これがまた 恐怖です。。。
手間が数倍になります。。。
早く作業を終わらせないと 2周目が間に合わなくなってしまいます~!
いそげ~~!




[PR]
by kousakusya | 2011-05-05 21:58 |
<< 小さいけれど見つけね! 摘蕾の仕事 >>