米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
筑後・浮羽のお米
〒839-1408
福岡県うきは市浮羽町
山北44-3
Tel/Fax 0943-77-3226

お電話・FAXによるご注文も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ時間
AM7:30-PM13:00/
PM18:00-21:00
野良仕事にでているため、電話にでられない場合があります。
その際は、留守番電話にメッセージをどうぞ!
(FAXは随時お受けしております)

◎ホームページへ
◎お問合せ
◎地図

◎つながり
PIGLOG
前崎日記
ベジキッチン
テカラ
ぶどうのたね
道の駅うきは
晴る
山下カバン
花工房 野々



カテゴリ
全体
はじめに
ご注文方法
お知らせ
野上米について



大豆
イベント
野良仕事
小さきもの
働きもの
美しいもの
日々の暮らし
もんじろう
以前の記事
2013年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:米( 22 )
大きくなってます!

5月の末に蒔いた籾種が、こんなに大きくなりました。
強すぎる日差しを 避けるためにかけていた寒冷紗も、
この位 大きくなったら もう必要ないので取ってしまいます。

c0197285_22343471.jpg

あとは太陽の光をたくさん浴びて、しっかりとした丈夫な苗に育ってくれるのを待つだけです!




耕作舎の苗の育て方は プール方式です。
c0197285_22344696.jpg

c0197285_22345451.jpg

こんな風に、苗箱のまわりに 木の囲いをつくって、
イチゴ農家さんから頂いた 廃ビニールシートを敷いて、水を溜められるようにします。

あとは、一日に1~2回ほど プールの水を満タンにしてあげればOKです。
日差しと強い風ですぐに苗が乾いてしまうので、水やりは大切な仕事です。

昔は、スプリンクラーや シャワーホースを使って、数時間おきに水やりをしていました。
なので別の仕事をしていても、水やりに帰ってこなければなりませんでした。

この方法なら、苗はたっぷりの水を充分に補充することができるし、
一度水を溜めれば 他の仕事に向かっても問題ありません!
お陰で安心して他の作業に向かうことができます。






[PR]
by kousakusya | 2011-06-10 22:33 |
苗ひろげ


今日は、先日寝かせておいた苗をひろげる日です。
しっかりと 真っ白な顔を出してくれました。

c0197285_17545731.jpg


あとは、

せっせと!
c0197285_17564982.jpg


せっせと!苗箱を敷き詰めていくのみです!
c0197285_17572378.jpg


すべてを無事に敷き詰め終わったら、
あとは寒冷紗(かんれいしゃ)をかけてあげます。
まだ新芽にとって 日光が強すぎるので、これをかけることで和らげてあげます。
c0197285_1812481.jpg




作業が終わった後は、もちろんお茶の時間!
汗を流したあとのお茶は格別です!
c0197285_1814410.jpg




[PR]
by kousakusya | 2011-06-01 20:53 |
発芽中!

c0197285_17334563.jpg


種を蒔き終えた苗箱は、
きちんと積み重ねて、乾燥しないようにブルーシートで包まれます。

真っ暗な中で、きっと相談しながらがんばっているに違いありません(笑)



[PR]
by kousakusya | 2011-05-31 21:32 |
種まき

c0197285_14281976.jpg


今日はいよいよ種を蒔きます。
田植えもあと1ヶ月後くらいに迫ってきました。
まだ麦は青くて、刈入れが間に合うのか心配ですが、
苗がないことには始まらないので、苗の準備です。
土入れでも活躍した播種機をつかって行います。

まず、予め下土をいれておいた苗箱をセット、
するとゴウンゴウンと流れてゆき、水で種を受け取る準備をします。
c0197285_14285758.jpg



そこへ種を均一に蒔いて、さらに上土を掛けてできあがりです。
c0197285_14291516.jpg


今は土を 天井から吊り下げているので、なくなったら袋を交換するだけでいいのですが、
少し前まではスコップで土を入れ足しながら作業していました。
今から考えると凄いなと思います。

さらにさらに前になると、こんな機械もなかったので一面に苗箱を広げて、
種を蒔くのも土をかけるのも全てを手作業で行っていたそうです。
水をたっぷり吸った苗箱は結構な重さがあります。
それを何回も持ち上げたり、降ろしたりするのは重労働です。
本当に昔の人は働き者です。
信じられないです。

今ではこんなに楽になっているのだから、感謝しないといけませんね。。。
今年は2日間にわけて、約4,000枚の苗をつくります。



[PR]
by kousakusya | 2011-05-28 22:27 |
芽切る

c0197285_14375822.jpg

こちらが温湯消毒をしてから、約5日間ほど水に浸しておいた籾種です。
しっかりと水を吸い、眠りから覚めてくれました!



c0197285_14382096.jpg

この、側面からちょこんと出ている白いものが 芽の先端になります。
ここからすくすくと成長していって、何百ものお米をつけてくれるんです。
自然の力の偉大さには本当に感動するばかりです。




[PR]
by kousakusya | 2011-05-27 20:36 |
温湯消毒 


耕作舎のお米は減農薬・減化学肥料米です。
そのため、初期消毒は農薬を使用せずに、お湯を使って行います。[温湯消毒]

温湯消毒とは、約60℃のお湯の中に10分間 籾種を浸して殺菌するというものです。
消毒中はお湯の温度を下げないようにする為、1回で消毒できる種の量が決まっています。

c0197285_1401825.jpg




お湯で消毒したあとは、今度は種が煮えてしまわないように 冷水で熱をとります。

c0197285_140292.jpg




その後は水を張ったタンクに浸けて、
種が充分に水を吸って 発芽をしやすい環境を整えてあげます。
もちろん呼吸もしなければならないので、一日に一度はタンクの水を交換します。
この状態で数日待って、芽が出るタイミングで種を蒔いていきます。
c0197285_1404630.jpg


みんな~、元気な顔を出してちょうだいね。


[PR]
by kousakusya | 2011-05-24 22:59 |
下ごしらえ


c0197285_9372415.jpg

c0197285_9383455.jpg




5月も中旬に入ると、田植えのことを考え始めなければなりません。

今日は生憎の雨空なので、 絶好の土入れ日和です(笑)
晴れの日には外仕事が山積みなので、
天気の悪い日を利用して室内でできる作業を済ませていきます。


まずは、下ごしらえです。
苗箱に下土をいれて、種を蒔くための準備をしておきます。

今年は何箱でしょうか。。。






[PR]
by kousakusya | 2011-05-10 09:30 |
なえばこリレー
c0197285_16562361.jpg


当たり前のことですが、田植え機は 動いている間しか苗を植えられません。

なるべく短い期間で 田植えを終えたいと考えている私たちは、
どうにかして 機械の動いていない時間を減らそうと 努力しています。

田植えで一番時間がかかるのは 苗のやり取りです。
その回数を減らすために、機械の前方に 苗をストックできるようにしてあります。

ところが 8条植えの田植え機のスピードは 想像以上に速く、
あっという間に 苗を空っぽにして帰ってきます。

苗を補充する人たちは、
一秒でも早く 田植え機を田んぼに送り出すために、
各自で動くポジションを決めて、みんなで協力して苗を補充します。
その様子は、まるでバケツリレーのようです。

そして、レースのピットさながらの熱気です(笑)
充実してますね~!


[PR]
by kousakusya | 2010-06-25 16:54 |
輸送車!!


c0197285_14314377.jpg



田植えに欠かせないもの。。。

それは苗!!
そして、それを運ぶこの車です!!

これは 普通の軽トラの荷台の枠をはずして、 鉄材でできた棚を取りつけたものです。

一回で 48箱の苗を 運ぶことができます。

田植えの真っ最中では、
これを 2台使用して ピストン輸送しなければ 間に合いません。。。

苗箱は水をたっぷり含んでいるため、相当な重さになっています。
それを 積んでは降ろし、積んでは降ろし…

田植えでの 一番の功労者は 苗を運ぶ人と言っても過言ではないかも。。。

筋肉をつけたいと思っている そこの貴方!
耕作舎までご一報ください(笑)


[PR]
by kousakusya | 2010-06-25 14:12 |
今年も始まってます!
c0197285_1411175.jpg


ご無沙汰してすみませんでした!
更新再開です!

今年もはじまりました!
そう、この季節の風物詩 「 田植え 」です。

耕作舎の田植え機 「ウエルくん 」 は、
8条植えなので 運転手一人では 苗の補充が手に負えません。

なので、ご覧のように 後部のデッキにサポート隊が常時ついています。

せっせせっせと 朝から晩まで田植えの日々。。。
苗と土と相談の毎日です!

秋の豊作を 今から楽しみに、今年もがんばりまっす!!




[PR]
by kousakusya | 2010-06-21 21:21 |