米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
筑後・浮羽のお米
〒839-1408
福岡県うきは市浮羽町
山北44-3
Tel/Fax 0943-77-3226

お電話・FAXによるご注文も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ時間
AM7:30-PM13:00/
PM18:00-21:00
野良仕事にでているため、電話にでられない場合があります。
その際は、留守番電話にメッセージをどうぞ!
(FAXは随時お受けしております)

◎ホームページへ
◎お問合せ
◎地図

◎つながり
PIGLOG
前崎日記
ベジキッチン
テカラ
ぶどうのたね
道の駅うきは
晴る
山下カバン
花工房 野々



カテゴリ
全体
はじめに
ご注文方法
お知らせ
野上米について



大豆
イベント
野良仕事
小さきもの
働きもの
美しいもの
日々の暮らし
もんじろう
以前の記事
2013年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:米( 22 )
代かき中
c0197285_1816655.jpg


ちょうど良い具合に田んぼに水が行きわたったところで、
トラクターで代掻き(しろかき)をしていきます。

これは、土を細かく砕いて 均質にすることで、
田んぼの水もれを防ぎ、苗の活着・発育などを良くするために行ないます。

また、表面が なるべく水平に近い状態になるように気をつけて、土を均していきます。

土が隆起した状態で 水面から出てしまうと、そこに草が生えてしまいますし、
逆に窪んだ状態では、ジャンボタニシたちに苗を食べつくされてしまいます。

雑草の生命力はとても強く、あっという間に繁殖してしまいますし、
ジャンボタニシも もの凄い勢いで食べてしまうので、苗が一瞬で姿を消してしまいます。

どちらの場合も、あとは人の手で作業していくしかないので とっても大変なんです。。。

「 舎長~、今年もひとつ 平たくお願いしますよ~!! 」


[PR]
by kousakusya | 2010-06-18 17:59 |
水口の整備
c0197285_1582444.jpg


田んぼに水を引く前に、やっておかなければならないことがあります。

それは、水口(みなくち)の整備です。

田んぼに水を溜めるために、
水の入り口と出口を せき止める準備をすることです。

お米をつくるとき、水の調整は 欠かせない大切な仕事です。

きちんと管理するためにも、
しっかりと水の調整ができる、丈夫なストッパーを作っておかなければならないのです。


一枚の田んぼに 2~6箇所の水口があるので、
全ての田んぼを見てまわるのも一苦労。。。

全て合わせると100以上になり、とても一日では終わりません。


のこぎりとベニヤ板、金尺に鉛筆をもって、
ひとつ ひとつの 水口の形に合わせた オーダーメイドのストッパーを作っていきます。


このときだけは大工さん?ですかね(笑)



[PR]
by kousakusya | 2010-06-17 20:10 |
苗ひろげ


今日は 種から芽がでたので、 さっそくみんなで 苗をひろげです。


c0197285_14124630.jpg



まずは 大きなビニールシートを用意して、 その端っこに棒を巻きつけていきます。
こうすると 浅いプールのようになり、 中に水を溜めることができます。

あとは 隙間のないように 端から順番に 苗箱を並べていきます。

つづきはこちら... ( クリックしてね♪ )
[PR]
by kousakusya | 2010-06-03 21:05 |
頭が出そろいました☆

c0197285_13584869.jpg



ゆっくり 休ませて、 

芽を出してくれるのを まっていた種から、 

待望の 芽がでました!


真っしろの 生まれたての芽

ほんとうに きれいです...

植物の持っている 小さいけど 大きなエネルギーを感じます。


これから 太陽の光を たっぷり浴びて 大きくなってね!


c0197285_13591645.jpg

 

[PR]
by kousakusya | 2010-06-03 10:52 |
たねまき


種の準備も 整いました!

いよいよ 種まきです!!



と、 はりきったのは 良かったのですが、
流れ作業に没頭していて 肝心の写真を撮りわすれてしまいました (沈)


すみません。。。



基本的には、土入れと変わらないんです。

事前に土を入れておいた苗箱を もう一度機械に流して、
種と土をかぶせて 水をまいて 種まき完了です。
( 機械を年2回しか使わないというのは こういう訳です...)

これを クルクル~っと くり返し続けます。


そうして 出来上がった苗は、 
静かに積み重ねて 暗~くして 種が芽を出しやすい環境にしてあげます。


元気な顔を見せてくれるのも もうすぐです!



c0197285_14242948.jpg





[PR]
by kousakusya | 2010-05-30 23:23 |
芽をきりました!


c0197285_14135461.jpg




睡眠中の種たちの 芽を出す準備が整うと、
こんなふうにに 白い頭をちょびっとのぞかせて 教えてくれます。

その合図がでたら、 すぐにタンクから出して ムシロの上に広げて 陰干しをします。



c0197285_14143578.jpg



水でビシャビシャだと、 種を蒔くときに 種どうしがくっついて うまく蒔けません。

ちょうどよい頃合いになるように、 一日 日陰で休んでもらいます ♪


「 みんな~、フカフカの土のベッドはもう準備できてるよ~!」




[PR]
by kousakusya | 2010-05-29 21:51 |
水眠中~。。。
c0197285_1340541.jpg




消毒を終えた種は、 水をはったタンクの中にいれて 休ませておきます。


「 芽をきる 」といって、 種から 芽の頭がのぞくまで、
毎日 水を変えながら 浸けておきます。

芽が出すぎてもいけませんから、 
ちょうど芽を出す直前のタイミングを じ~っと窺います。



あとは、 種が発芽する準備を整えてくれるのを 待つばかり。。。

一年間も休眠状態ですから、 起きるまでには やっぱり時間がかかりますよね(笑)



「 みんな~、しっかり起きてね~ !」



↓↓↓  水眠中につき、 お静かに願います。。。

c0197285_13405044.jpg

[PR]
by kousakusya | 2010-05-26 21:39 |
温湯消毒 
c0197285_12492046.jpg




今日は 苗の素、 籾種(もみだね)の準備をします。

米作りには 元気な苗が 欠かせません。
苗の段階で 病気が発生してしまうと 全てが台無しになってしまいます。
ですので、 初めに 種を消毒することからはじめます。


耕作舎では 減農薬でのお米作りに 取り組んでいます。
できるだけ、 農薬を使用せずに おいしいものをつくりたい!

そこで、 種の消毒では農薬を使わずに、お湯で殺菌することにしています。
これを 温湯消毒( おんとうしょうどく )といいます。


c0197285_12493781.jpg



やり方は簡単!
↑ の写真のように 袋に小分けした種もみを、
専用のザルに入れ、 60℃の熱湯に 10分間つけておきます。
( ちょうど 何かを茹でているようですね~ )



c0197285_13334124.jpg



時間になったら お湯の中からとり出し、すぐに冷水で さまします。

これで消毒は完了です!




[PR]
by kousakusya | 2010-05-26 20:09 |
たね支度 ♪
c0197285_126149.jpg



今日は もうすぐはじまる 苗づくりに向けて、 

もみ種を 消毒する 支度をしました。


網の袋に 8kgずつに わけて 種を入れていきます。


いよいよ... という かんじです!





[PR]
by kousakusya | 2010-05-23 22:04 |
土の準備、完了!
c0197285_323263.jpg


今日は 苗をつくるための準備をしました。

第一弾は 苗箱に土をいれる作業です。

使っている機械は 種まき機という種まき専用の機会です。
年に 2回しか使いませんが...(汗)


苗をつくるためには、 苗箱に土→種→土→水の順番で作業をしていきます。

この機械では 一度に 全ての工程ができないので、
まずは 土入れだけを 先に済ませておきます。

先日買ってきた土を 機械の上に吊るします。
そうすると、 使った分だけが 少しずつ下に落ちていきます。


以前は、スコップで 土を補充していたので、肉体的にも重労働で とても大変でしたが、
今ではこのように 自動的に補充してくれるので とっても楽です♪


全ての苗箱に土が入り、 種を蒔く 準備完了です!

こんどは 種を蒔き、 そして 土をかぶせていきま~す!



終わったものは こちらに。。。
[PR]
by kousakusya | 2010-05-10 21:01 |