米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
筑後・浮羽のお米
〒839-1408
福岡県うきは市浮羽町
山北44-3
Tel/Fax 0943-77-3226

お電話・FAXによるご注文も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ時間
AM7:30-PM13:00/
PM18:00-21:00
野良仕事にでているため、電話にでられない場合があります。
その際は、留守番電話にメッセージをどうぞ!
(FAXは随時お受けしております)

◎ホームページへ
◎お問合せ
◎地図

◎つながり
PIGLOG
前崎日記
ベジキッチン
テカラ
ぶどうのたね
道の駅うきは
晴る
山下カバン
花工房 野々



カテゴリ
全体
はじめに
ご注文方法
お知らせ
野上米について



大豆
イベント
野良仕事
小さきもの
働きもの
美しいもの
日々の暮らし
もんじろう
以前の記事
2013年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:野良仕事( 8 )
小分けにします


c0197285_13381493.jpg


今日は田植えのための準備、その弐です。
種まきで使う籾種(もみだね)を 準備しました。

種は このままの状態では なかなか発芽しないので、
あらかじめ 水の中で発芽しやすい状況を作ってあげます。
そのときに管理しやすいように袋に小分けにしておきます。

減農薬栽培のため、
耕作舎では農薬での初期消毒を行わずに、お湯で代用します。
その作業のためにも一袋あたり、おおよそ8kgにしなければならないのです。
詳しくは、またその作業のときにお伝えします。



[PR]
by kousakusya | 2011-05-19 13:36 | 野良仕事
お茶の時間♪


c0197285_10404012.jpg



農作業といえばお茶!
おいしいお茶を飲むために、毎日働いています(笑)

こんなに毎日お天気の中、 フカフカの土の上でお茶とお菓子を楽しめるなんて…
とっても贅沢な時間です。

春の香りもいい香り!深呼吸~




[PR]
by kousakusya | 2011-05-13 19:39 | 野良仕事
大きくするために…


c0197285_22554350.jpg


ここしばらくの間、たけのこの話題で もちきりでしたが、
美味しいたけのこをつくるためには 欠かせないことがあります。

それは竹林の管理です。
竹林に しっかりと光が差し込むように 古くなった竹や必要のない竹などを
間引いてあげなければ 立派なたけのこは育ってくれないのです。

これが意外と重労働なんですよ。。。
切り倒した竹を 引っ張り降ろさなければいけないので。。。

いつもなら、間引いた竹を集めて 焼いてしまうのですが、
温暖化などの問題もあるため 今年は竹チップにして処理することにしました。

この機械に竹を通すと、先端から細かいチップになって出てきます。
これなら 二酸化炭素をだすこともありませんし、竹も土に還ってくれます!

この作業は、たけのこが顔をだす前に 終わらせなければなりません。
報告しそびれていたので、お伝えしておきます。。。


「とぉぉぉりゃぁぁぁぁ!!!」

舎長も必死ですね(笑)




[PR]
by kousakusya | 2010-04-13 22:46 | 野良仕事
たけのこ
c0197285_20172734.jpg

春の味覚といえば やっぱり筍ですよね。

耕作舎には 竹山があります。

この時期は 毎朝 筍をかぐのが仕事です。
(うきはの方では 筍を掘ることを「 かぐ 」と言うんです。。。)

山全体が 急な斜面になっているので、大きな筍でも まだ地上に顔を出していません。
少しだけ 地面から飛び出した 穂先を探して、傷をつけないように 丁寧に掘っていきます。

まだ 日ざしに触れていない証拠に、筍の皮が 薄茶色をしています。
(日ざひに触れると 皮が黒く変化していくんです)

大きなものでは 2kgをかるく超えるものも…

旬の筍を食べて、 冬の間に溜まってしまった 要らないものを押し出し、
元気に夏を迎える 準備をしておきましょう!

ただし、 食べすぎると 胃を悪くしてしまうので ご注意を。。。



[PR]
by kousakusya | 2010-04-02 20:22 | 野良仕事
日向ぼっこ


農家は作業の合間にみんなでお茶をします。
うちの家族も、お手伝いに来てくれるおばちゃんも、み~んな一緒に。
10時と15時、合計一日5食になります(笑)

昨日は寒かったし、作業していた柿畑も日陰のところだったので
例(?)の日当たりの良い場所へ移動してお茶の時間にしました。

道路でお茶をしても大丈夫なくらい車の通りの少ないところ…
けれど暖まったアスファルトは最高なんです!

天気の良い空の下で 毎日ピクニック状態です♪


c0197285_17181222.jpg




[PR]
by kousakusya | 2009-11-05 17:27 | 野良仕事
日光浴


ここ数日の厳しい冷え込みのため、
朝、山に登ると露がたくさん降りています。

草むらをざくざく進みながら仕事をしていると
気づいた時には靴下までびしょ濡れになっていました。

このままでは足から風邪を引いてしまうと、
急いで家に長靴と替えの靴下を取りに帰りました。

乾いた靴下にはき替えて、皆ほっと一息。

その頃にはポカポカと日差しも暖かくなってきたので、
濡れた靴と靴下を干しました。

う~ん、気持ちよさそう!
私も一緒に干されたい・・・


たまには こんなガードレールの活用法はいかがですか?


c0197285_0115295.jpg



[PR]
by kousakusya | 2009-11-04 23:23 | 野良仕事
すももちゃん
こんにちは。 ご無沙汰しています。

野上耕作舎も農繁期に突入し、日々の仕事におわれて
なかなか更新できなくてすみませんでした。

その間も このブログを楽しみにしてくださっている方々から、
「 いつも見てるからね!」とのお声を たくさんかけていただいて 本当に嬉しかったです。
ありがとうございます!!

まだまだ時間のゆとりはないのですが、頑張って少しずつ更新していきます。
でもたまに、更新が遅いときは 「 野良仕事が忙しいのね・・・ 」と、
のんびりとお待ちいただけたら嬉しいです。 

今後とも、どうぞよろしくお願いします。

ブログをお休みしていた間も たくさんお伝えしたい事はあったのですが、
少し前のことは これから少しずつ書かせていただくことにして、
まずは最近の耕作舎の様子をお伝えしたいと思います。


耕作舎には 「 すもも畑 」 があります。
この畑に来ると、どことなく南フランスの薫りを感じるのは私だけでしょうか・・・(笑)

c0197285_18225866.jpg



甘く ほのかな酸味が美味しい 「 すもも 」 、今年もたくさんの実をつけてくれました。
今の時期に取れる品種は 「 大石早生 (おおいしわせ)」 になります。

c0197285_1827544.jpg


この品種は、色が黄色くても 甘くておいしいのが特徴です。
皮が薄くて果肉は柔らかめです。
皮に黄色味が残っていると、皮に含まれる酸味が爽やかな味わいです。
赤黒いくらいに熟したものだと 強い甘味を感じられると思います。

お好みにもよりますが、是非 皮をむかずに丸ごと召し上がってみて頂きたいです。
皮の部分には栄養素が豊富に含まれていますし、
皮のプチンと弾けるような食感や、風味もあります。。。

特に、皮に黄色味が残っているものは、一口かじると
初めは皮の酸味がひろがって、その後に果肉の甘味をより強く感じられます。
まさに、スイカに塩効果です!!

今年は雨がほんとうに少なかったので、糖度が高くおススメです。

いま 少しだけですが、「道の駅 うきは」に出荷しています。
お立ち寄りの際は、是非ご賞味ください。。。


赤黒く完熟したすももは 「焼酎漬け」 にもおススメですよ!
綺麗な赤い果実酒ができあがりますよ♪

c0197285_18262319.jpg


[PR]
by kousakusya | 2009-06-20 18:29 | 野良仕事
根っこ
c0197285_046044.jpg


こちらの立派な根っこ・・・
まるで大根のようですが、なんの根っこだと思いますか?


・・・・・・・・


そうです。
じつは、菜の花の根っこなんです。

c0197285_0465991.jpg


咲いている姿からは想像できないくらい 太くて立派で、
それはそれは、本当に大根と見間違うほどです。


いま、田んぼのあぜ道には 菜の花がたくさん咲いていて 本当に綺麗です。

ところが、菜の花は生命力が強く、どんどん繁殖していきます。
あぜ道で咲いているうちはいいのですが、麦畑の中に混じってしまうと大変です。

なので、すこし可哀想ですが切っているところです。

蜜蜂も 菜の花のいい香りにさそわれて たくさん蜜を収穫していました。
足の黄色いフワフワが可愛らしいですね♪


c0197285_046633.jpg

[PR]
by kousakusya | 2009-03-22 20:23 | 野良仕事