米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
筑後・浮羽のお米
〒839-1408
福岡県うきは市浮羽町
山北44-3
Tel/Fax 0943-77-3226

お電話・FAXによるご注文も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ時間
AM7:30-PM13:00/
PM18:00-21:00
野良仕事にでているため、電話にでられない場合があります。
その際は、留守番電話にメッセージをどうぞ!
(FAXは随時お受けしております)

◎ホームページへ
◎お問合せ
◎地図

◎つながり
PIGLOG
前崎日記
ベジキッチン
テカラ
ぶどうのたね
道の駅うきは
晴る
山下カバン
花工房 野々



カテゴリ
全体
はじめに
ご注文方法
お知らせ
野上米について



大豆
イベント
野良仕事
小さきもの
働きもの
美しいもの
日々の暮らし
もんじろう
以前の記事
2013年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:日々の暮らし( 67 )
大漁です!!
先日の大雨で、耕作舎の近くを流れる筑後川も酷く荒れていました。

そんな日の早朝、玄関先に思いがけない贈り物が・・・

c0197285_21353969.jpg


そうです。
近所の釣り好きの方が 早朝から川魚を釣ってこられて、
お裾分けにとバケツ一杯のお魚を2杯分も分けてくださったのです。
(お魚が苦手な方、またもやアップですみません・・・汗)

これは「ハヤ」と呼ばれる川魚などで、
甘辛い佃煮にすると美味しくて、ご飯がぺろりとなくなってしまいます。

一軒でこんなにたくさん愉しむのは勿体ないと、
近所の川魚ファンの友人のお宅へと
舎長(父)自ら、いそいそとバイクで配達に出かけていきました。。。

思いがけない自然からの恵み、
本当にご馳走様でした~♪


        ↓ 鮮度を保つためにものスゴク急いでます!!!! (笑)
c0197285_21355177.jpg

[PR]
by kousakusya | 2009-07-08 21:52 | 日々の暮らし
カラフル!! な子たち
c0197285_1304550.jpg



いきなり見てビックリされた方、本当にすみません!!
そして、お魚嫌いの方もすみません!!!
( ちょっとアップで撮りすぎましたね(汗) )

これは何かといいますと、
きっと南方に住んでいたであろうお魚たちの煮物です。
ご近所の方に頂いたんです。

とても素晴らしい色、形ですよね。。。
サカナくんが喜ぶ声が聞こえてきそうです(笑)

これ、夕御飯のおかずでした。

私たちも初めて目にする光景に、好奇心と驚きとが入りまじった不思議な気持ちです。
調理法も、「 お醤油で煮てもいいのかな・・・」みたいな。

そこで、「 この驚きを皆さんにもお伝えせねば!! 」と思い、
今 ブログを書いています。

ご感想、お待ちしております(笑)


ちなみに味の方は とても美味しかったです~♪♪♪

ただ・・・黒いお魚の皮が鎧のように硬くて、お箸が通りませんでした。
やっと皮のほころびを見つけて引っぺがして いただきました(笑)

山に住む私たちにとって南の海は未知の世界ですね!!



[PR]
by kousakusya | 2009-06-29 21:02 | 日々の暮らし
candle-night
今日は夏至。

日本では一年の中で いちばんお昼の時間が長く、そして夜が短い一日です。

この日はキャンドルナイトといって、
電気を消して ろうそくの光だけでゆっくり夜を楽しもうというイベントが
あちこちで行なわれています。

今日は、友人親子と一緒に
八女の友人のお宅で開催されていた キャンドルナイトに参加してきました。

この日は、星野村で今も大切に燃え続けている平和の火を分けていただいて、
それを種火にして ろうそくに火を灯していきました。

やさしく揺れる炎の灯かりにつつまれて、
初めてご一緒する方々と共に 火をかこみながら、
平和のこと、今を生きる自分たちのこと、自然のリズムと未来の地球のことなど、
たくさんの事について語りあいました。

今日お会いした皆さんと 素敵な時間を共有できたことに 心から感謝します。



c0197285_1447769.jpg


c0197285_14473139.jpg

[PR]
by kousakusya | 2009-06-21 23:44 | 日々の暮らし
巨大 ダイコン !!
c0197285_21515870.jpg


こちら、我が家のおばあちゃん (トシ子:78歳)が
丹精こめて育てている 野菜畑でとれた大根です。

ご覧のとおり、真ん中においてあるのは 500mlのペットボトルです。
この大きさ、おわかりいただけるでしょうか?
それはそれは 大きくて、まるで人間の足のようです。
よく、おばあちゃん一人で掘ってこれたね・・・と言わんばかりです。

このアングルで、どこまで大根の迫力がお伝えできているか分かりませんが・・・
とにかく大きい・・・。

うちの舎長 (父)も 思わず、 「なんか、それはっ!!!?」 と奇声をあげておりました (笑)

大根には、身体に溜まっている毒素を、身体の外に出してくれる力があります。
この春、最後の大根さん。
サラダに、大根おろし、味噌煮にお煮しめ・・・
最後のさいごまで、感謝して大切にいただきます。

冬の間に溜まった毒素よ、さようなら~♪

[PR]
by kousakusya | 2009-04-04 19:51 | 日々の暮らし
カーリー☆☆☆
c0197285_14343598.jpg


先日、友人と一緒に、佐賀県 鹿島市にある肥前浜宿の酒蔵通りで開催されていた
假屋崎省吾さんの生け花展に行ってきました。
よく晴れた一日で、雲ひとつない空が本当に気持ちよかったです~♪

c0197285_21513269.jpg


会場となる通り沿いには、改修された古い民家が並んでいて、とても趣のある通りでした。

それぞれの民家の空間を活かして生けられた花々はどれも素敵なものばかり・・・
ダイナミックなものから 繊細なものまで様々で、 
假屋崎さんの感性の豊かさには本当に驚きました。

器とお花、そしてしつらいの取り合わせは、どれも個性的なものばかりですが、
それぞれが絶妙にマッチしているのは やはり假屋崎さんだから成せる技だと、
友人と頷くばかりでした。

私のお気に入りは、ピンク色の八重の珍しいチューリップと青麦を生けてあったものと、
桜と ピンク系のバラがグラデーションで生けてあったものです。 
あと、ダイナミックな馬の図柄の屏風もとても素敵でした~。
写真撮影は禁止されていたので、お見せできないのが残念です。

・・・と話しながら出店のパン屋さんでお買い物をしていたら、店員さんの 「カッ、カーリー!!!!」 という高い声がっ!!!

えっ!? (意味がわからず、振り返る二人)

☆☆☆☆☆

c0197285_14204197.jpg


そうなんです!!
生カーリーに会っちゃったんですよ~!!
カーリーは思っていたより小柄で華奢で、かわいいおばちゃんみたいでした!!
(なんて失礼な・・・)

すかさず激写してしまいました。。。

「ここに到着するまでに、しばらく右往左往していたのはこの為だったのね~!!!!」
友人と二人、妙に納得した一日でした。

c0197285_14555363.jpg


鹿島市は 海に面した街なので、いたるところで 漁業の香りがしました。
山と川のうきは市には見られない雰囲気だったので、とても面白かったです。
下の写真は 街のさかな屋さん、落ち着いた雰囲気が とても素敵でした♪


c0197285_14322755.jpg

[PR]
by kousakusya | 2009-04-01 23:01 | 日々の暮らし
おやつ ♪
今日のおやつは 「日本一のたいやき」 でした♪

カスタード と 黒あんの2種類です。
頭からしっぽまで ぎっしりとあんこが詰まっていて、
みんなであっという間に ペロリと食べてしまいました。
おいしいものをみんなで頂けるときがいちばん幸せな時間です。

写真の 「たいやき」 は 舎長(父)の分なのですが、なんせメタボ気味な体なので。。。
いちばん大切な部分を食べるのを手伝ってあげました(笑)

なんだか 「たいやき」 も笑っているように見えるのは気のせいでしょうか。。。


c0197285_0121892.jpg

[PR]
by kousakusya | 2009-03-20 22:12 | 日々の暮らし
ゆず湯


耕作舎の柿山には 柚子の木が植えてあります。

とても大きく成長してくれたので、
毎年、本当にたくさんの実をつけてくれます。

もちろん食卓にも登場するのですが、
もっぱら我が家ではお風呂で大活躍してくれています。

よ~く洗った柚子を5、6個熱いお風呂に浮かべ、冬の間は毎晩ゆず湯を楽しんでいます。
柚子の浮かんだお風呂はとても爽やかな香りに包まれていて、
心身共にリラックスする事ができます。
日々の野良仕事の疲れがほぐれる瞬間です。
私たちが毎日を健康に過ごし、仕事ができるのも ゆず湯のおかげかもしれませんね。

採れたてのゆず湯に 毎晩入ることのできる幸せに感謝です。


c0197285_1342113.jpg

[PR]
by kousakusya | 2009-02-23 00:50 | 日々の暮らし