米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
米農家「野上耕作舎」の   耕作日記
by kousakusya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
筑後・浮羽のお米
〒839-1408
福岡県うきは市浮羽町
山北44-3
Tel/Fax 0943-77-3226

お電話・FAXによるご注文も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ時間
AM7:30-PM13:00/
PM18:00-21:00
野良仕事にでているため、電話にでられない場合があります。
その際は、留守番電話にメッセージをどうぞ!
(FAXは随時お受けしております)

◎ホームページへ
◎お問合せ
◎地図

◎つながり
PIGLOG
前崎日記
ベジキッチン
テカラ
ぶどうのたね
道の駅うきは
晴る
山下カバン
花工房 野々



カテゴリ
全体
はじめに
ご注文方法
お知らせ
野上米について



大豆
イベント
野良仕事
小さきもの
働きもの
美しいもの
日々の暮らし
もんじろう
以前の記事
2013年 01月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
なえばこリレー
c0197285_16562361.jpg


当たり前のことですが、田植え機は 動いている間しか苗を植えられません。

なるべく短い期間で 田植えを終えたいと考えている私たちは、
どうにかして 機械の動いていない時間を減らそうと 努力しています。

田植えで一番時間がかかるのは 苗のやり取りです。
その回数を減らすために、機械の前方に 苗をストックできるようにしてあります。

ところが 8条植えの田植え機のスピードは 想像以上に速く、
あっという間に 苗を空っぽにして帰ってきます。

苗を補充する人たちは、
一秒でも早く 田植え機を田んぼに送り出すために、
各自で動くポジションを決めて、みんなで協力して苗を補充します。
その様子は、まるでバケツリレーのようです。

そして、レースのピットさながらの熱気です(笑)
充実してますね~!


[PR]
by kousakusya | 2010-06-25 16:54 |
輸送車!!


c0197285_14314377.jpg



田植えに欠かせないもの。。。

それは苗!!
そして、それを運ぶこの車です!!

これは 普通の軽トラの荷台の枠をはずして、 鉄材でできた棚を取りつけたものです。

一回で 48箱の苗を 運ぶことができます。

田植えの真っ最中では、
これを 2台使用して ピストン輸送しなければ 間に合いません。。。

苗箱は水をたっぷり含んでいるため、相当な重さになっています。
それを 積んでは降ろし、積んでは降ろし…

田植えでの 一番の功労者は 苗を運ぶ人と言っても過言ではないかも。。。

筋肉をつけたいと思っている そこの貴方!
耕作舎までご一報ください(笑)


[PR]
by kousakusya | 2010-06-25 14:12 |
今年も始まってます!
c0197285_1411175.jpg


ご無沙汰してすみませんでした!
更新再開です!

今年もはじまりました!
そう、この季節の風物詩 「 田植え 」です。

耕作舎の田植え機 「ウエルくん 」 は、
8条植えなので 運転手一人では 苗の補充が手に負えません。

なので、ご覧のように 後部のデッキにサポート隊が常時ついています。

せっせせっせと 朝から晩まで田植えの日々。。。
苗と土と相談の毎日です!

秋の豊作を 今から楽しみに、今年もがんばりまっす!!




[PR]
by kousakusya | 2010-06-21 21:21 |
Father's Day
c0197285_1114568.jpg





毎日 毎日  

遅くまで 仕事をする 

おとうさん


いつも いつも 

農業のことで あたまがいっぱい



そんな おとうさんを 

みんな 尊敬しています



おとうさん

いつも ありがとう。。。





[PR]
by kousakusya | 2010-06-20 22:11 | 日々の暮らし
代かき中
c0197285_1816655.jpg


ちょうど良い具合に田んぼに水が行きわたったところで、
トラクターで代掻き(しろかき)をしていきます。

これは、土を細かく砕いて 均質にすることで、
田んぼの水もれを防ぎ、苗の活着・発育などを良くするために行ないます。

また、表面が なるべく水平に近い状態になるように気をつけて、土を均していきます。

土が隆起した状態で 水面から出てしまうと、そこに草が生えてしまいますし、
逆に窪んだ状態では、ジャンボタニシたちに苗を食べつくされてしまいます。

雑草の生命力はとても強く、あっという間に繁殖してしまいますし、
ジャンボタニシも もの凄い勢いで食べてしまうので、苗が一瞬で姿を消してしまいます。

どちらの場合も、あとは人の手で作業していくしかないので とっても大変なんです。。。

「 舎長~、今年もひとつ 平たくお願いしますよ~!! 」


[PR]
by kousakusya | 2010-06-18 17:59 |
水口の整備
c0197285_1582444.jpg


田んぼに水を引く前に、やっておかなければならないことがあります。

それは、水口(みなくち)の整備です。

田んぼに水を溜めるために、
水の入り口と出口を せき止める準備をすることです。

お米をつくるとき、水の調整は 欠かせない大切な仕事です。

きちんと管理するためにも、
しっかりと水の調整ができる、丈夫なストッパーを作っておかなければならないのです。


一枚の田んぼに 2~6箇所の水口があるので、
全ての田んぼを見てまわるのも一苦労。。。

全て合わせると100以上になり、とても一日では終わりません。


のこぎりとベニヤ板、金尺に鉛筆をもって、
ひとつ ひとつの 水口の形に合わせた オーダーメイドのストッパーを作っていきます。


このときだけは大工さん?ですかね(笑)



[PR]
by kousakusya | 2010-06-17 20:10 |
ワラヤキ


c0197285_16511851.jpg


麦を刈り取ったあとの田んぼには、 たくさんの藁が落ちています。

本当は それをしっかりと鋤きこんであげて 土の力を高めたいところなのですが、
すべて鋤きこむと きちんと分解されてしまわずに、 
田植えをした後で 水面に浮かんできてしまうのです。


それを避けるためにも、 一度ワラを焼いてしまいます。
といっても すべて焼けてしまうわけではなく、
表面のワラだけしか 焼けません。

c0197285_16514139.jpg


残ったワラは 大事に土に還します。

もちろん 隣の田んぼに 火が移らないように、
火事には厳重に注意して 行なっています。

単に ワラを焼くと言っても、 きちんと 手順があるので、 
みなさんは 真似されないようにお願いします。








[PR]
by kousakusya | 2010-06-11 21:50 |
急がなくっちゃ!


c0197285_17313461.jpg



刈り取った麦の乾燥を終えると、 今度は出すことに追われます。



なぜ???

そうです。
出さないと 次が入れられないのです。。。

刈っては 入れ、 乾燥しては 出し、
刈っては 入れ、 乾燥しては 出し、
・・・・・・・


これを延々と 繰り返します。


せっかく乾いている麦ですから、
雨が降るまえに できるだけ沢山刈りたいのです。

そうする事で、 乾燥にかかるコストを 少しでも抑えられます。


なので毎日 スケジュールはキツキツ、 イッパイイッパイです!






[PR]
by kousakusya | 2010-06-08 21:28 |
と、その前に...


c0197285_1585388.jpg



麦をかるためには、 どうしても事前に やっておかねばならいことがあります。

それは「 くろがり 」です。
「くろ」とは、「田のくろ」というように 田んぼの畦(あぜ)のことを言います。
田んぼの四隅を コンバインで刈り取ろうとすると、 
畦が邪魔をして 刃がとどかず、
どうしても刈り取れないところがでてしまいます。


そこを先回りして 刈り取っておいて、 
コンバインが田んぼに到着したときに 投入します。

これが なかなかの重労働。
腰と太ももの後ろがやられてしまいます(涙)
しかも、 高速コンバインと競争しなければならないので、
うかうかしてると 追いつかれてしまいます。
急がなければ。。。




[PR]
by kousakusya | 2010-06-06 22:08 |
刈ったどぉぉぉ~!!


c0197285_14555121.jpg



いよいよ はじまりました! 
今年の麦も ばりばり 刈り取っていきますよ~!

この機械は 一番大きなものですが、 
舎長は ものすごい スピードで操っていきます。
それは一見、 コンバインとは 思えないようなスピードです。。。

そうして 刈り取った麦は、
コンバインについている なが~い首を通って ダンプの後ろへと送られていきます。


c0197285_1456965.jpg




中の様子は こんな感じです。


c0197285_14563122.jpg



それだけ ブイブイ言わせながら 操縦しているので、
もちろん メンテナンスも 欠かさず行ないます。

「 急がせちゃって ごめんね~。
  ささ、 これでも飲んで!
  今年も ひとつ、 よろしく頼むよぉ~! 」

そういいながら 毎年この時期、 クマのような風貌へと変化する舎長でした。。。
( 毛むくじゃらになってしまうんです...)

c0197285_14564626.jpg




[PR]
by kousakusya | 2010-06-06 21:37 |